クラリネット奏者の父、ピアニストの母という音楽一家に生まれた針山愛美(えみ)。子どもの頃からバレエを習い始めたが、そのセンスからメキメキ頭角を現した。

 13歳でロシアの名門、ワガノワ・バレエ学校に短期留学、ロシアの伝統と絢爛豪華な劇場に衝撃を受けた。16歳でボリショイ・バレエ学校に単身で留学、旧ソ連の崩壊を目の当たりにしながら、練習に励んだ。転機となったのは19歳のとき、ヨーロッパに飛び出したこと。フランス・パリの国際コンクールで銀賞を射止めた。

 愛美の才能を開花させたのは世界的なダンサーであるウラジーミル・マラーホフとの出会い。愛美はマラーホフからロシア・バレエの神髄を学んだ。

 その後ドイツのベルリンをベースに、ヨーロッパやアメリカのメジャーなバレエ団で、美しい姿を披露すると同時に、コンクールの審査員として、またバレエの教師として、後進の指導にあたっている。

 旧ソ連崩壊という激動の時代をたった一人でくぐり抜け、名作『白鳥の湖』などを踊り続ける針山の半生を、美しい写真で振り返るとともに、日本のバレエに対する夢を語る。

『世界を踊るトゥシューズ~私とバレエ』  針山愛美/著

SKU: 100
¥2,000価格

    神奈川県川崎市宮前区土橋1-10-14 田園都市線「宮前平」徒歩5分


     
    • Wix Facebook page
    • Wix Twitter page
    • instagram

    © Since 2013 by Y Dance Company. All Rights Reserved.